バイアグラ 購入 通販

個人輸入でバイアグラを購入するのは安全か?

初めて個人輸入を利用する(外国から商品を購入する)という行為はハードルが高いかもしれません。

それがEDの薬となれば、なおさらです。

 

本当にお薬が届くのか?本物のバイアグラか?
処方箋がいらないってどういうこと?
病院で処方されたバイアグラより安すぎるなど不安でいっぱいでしょう。

 

だからこそ、安心できる個人輸入はどこか知りたいし、安心だと感じる根拠が欲しいと思われている方が多いと思います。
ここで、おすすめする個人輸入は安心・本物しか扱っていないという、しっかりした根拠があるED治療薬通販です。
2店舗だけなので確認してみてください。

おすすめの個人輸入ベストケンコー

バイアグラ100mg個人輸入代行
●正規品100%保障!薬剤師による鑑定済みお薬のみ販売

●100%配達保障!手元に商品が届くまで手厚いサポートあり
●段ボールでの完全梱包・送り状に商品名記載なし

 


バイアグラ100mg=最安1錠 1,210円〜【送料無料】

 

>>バイアグラ100mgの詳細はこちら<<

おすすめの個人輸入オオサカ堂

 

●お薬の個人輸入代理店として17年間の信頼あり

●メーカー正規品保障!成分鑑定画像あり
●段ボールでの完全梱包・送り状に商品名記載なし

 

バイアグラ100mg=最安1錠 1,222円〜【送料無料】

>>ED治療薬バイアグラ100mgはこちら<<

バイアグラを服用すると勃起する理由

勃起は通常、性的刺激を受けると放出された窒素がが海綿体の細胞内に入ると、サイクリックGMP作られます。

 

そしてサイクリックGMPの作用によりペニス付近の動脈が弛緩し、大量の血液が海綿体を満たし硬くなり、これ勃起と言われる状態です。

 

しかし、何らかの原因で通常は勃起状態をしぼませるために勃起状態を作りだしたサイクリックGMPを分解するホスホジエステラーゼ5(PDE5)が性的刺激を受けてすぐ大量に作りだされるためサイクリックGMPが破壊されつづけ勃起できない状態になっているのがEDの原因です。

 

この、サイクリックGMPを分解するホスホジエステラーゼ5(PDE5)の働きを阻害する効果があるのがバイアグラに含まれる有効成分クエン酸シルデナフィルになります
半ば、強制的に勃起させる薬である、ED治療薬は中高年男性の救世主とも入れていますので、EDの症状で悩んでいる方がいらっしゃるのであれば、是非トライしてみてはいかがでしょうか?
バイアグラの飲み方

バイアグラの飲み方

バイアグラの飲み方で一番きおつけてもらいたいのが用量以上のバイアグラを服用しても効果は変わらず、副作用のリスクのみが高くなるということです。
必ず、決められた量以上は服用しないようにして下さい。
※バイアグラは1回の服用で100mgまでを限度としているお薬です。

 

バイアグラの服用量を確認したならば、次の服用のタイミングを計ります。
バイアグラは服用後30分から効き目が現れてくるので、性行為前30分〜1時間前に服用するタイミングが最適です。

 

さらににバイアグラの効果を最大限に出したいのであれば、服用は空腹時をおすすめします。
それは、食後や食中に服用すれば、胃の内容物とバイアグラが混ざり合い、吸収率が低下し、効き目が劣る可能性があるからです。
しかも、バアイグラは、脂肪分が高いもが胃にある場合に服用すると吸収を阻害され効き目が劣るとされていますのでご注意下さい。

 

このようなことから、食後に服用をするのであれば、食後1時間はバイアグラの服用を避けた方がよいでしょう。

バイアグラの副作用

バイアグラを服用すると以下のような副作用が起こります。
最も多く起こるのは軽症とされているめまいと顔のほてりです。

 

その他には頭痛、鼻づまり、嘔吐、吐き気、視界がぼやける、色覚異常(青と緑の区別が付かない)が起こる可能性があります。

 

中でも、注意した方がよいのが、色覚異常です。
これにより、赤信号の色が青く見えたり、その逆が起こる可能性があります。
よって、バイアグラ服用後の運転はひかえた方が良いでしょう。

 

それぞれの症状ですが、バイアグラの効果がなくなるのと同じペースで消えていきますので安心してください。

 

重篤な副作用として、もともとバイアグラが血圧を下げる薬であるため、心臓疾患の治療薬、不整脈の治療薬、低血圧による体調不良や最悪の場合死に至らうため服用を禁忌とされています。

 

さらに、高血圧症の方で硝酸剤を服用中の方、脳梗塞・心筋梗塞や心不全を患った経験のある方、バイアグラの使用禁忌です。
バイアグラの薬価

バイアグラの薬価

バイアグラなどのED治療に保険は適用されません。
よって、すべて、全額自己負担になります。

 

さらに、その診療は自由診療となり、平たく言うと病院側が診療価格を決めて良いということになります。

 

よって、ED治療の価格はバラバラになり、某男性クリニックだと診察〜バイアグラ処方が3万円と高額になります。
もちろん良心的な価格設定の病院もありますが、高額な価格設定の病院もありますので、電話などで先に料金を伺っておく方が無難かもしれません。

 

【全国平均のバイアグラ1錠の価格】

 

バイアグラの価格では、25mg(有効成分のシルデナフィル含有量)で1錠=500円〜
バイアグラ50mgで1錠1000円〜1500円です。

 

尚、病院で処方できるバイアグラは50mgまでと定められています。
だからといって、ネットで販売されているバイアグラ100mgが偽物という訳ではありません。
世界では、バイアグラ100mgまで服用することを認められているのですが、日本の厚生労働省がバイアグラ50mgの処方までしか認めていないというだけです。

 

薬価を病院と個人輸入でED治療薬を比較すると1回あたりの薬価がかなり違い個人輸入代理店が非常に安いということがわかります。

バイアグラは個人輸入で通販可能!

バイアグラなどED治療薬は、日本国内では医師の処方箋がないと入手できません。

 

やっぱり通院するしかないんだ・・こっそり購入できないんだ・・・と気落ちした方、大丈夫で病院に行かずとも購入できます。

 

 

病院に行きたくない方には≪個人輸入≫を利用すればバイアグラの購入が可能です。

 

『海外業者からの購入』しかも【薬】をインターネットで購入することに不安に感じる方も多いでしょう。
しかし、スタッフは日本人です。
もちろん電話対応も日本人です。
だから不安を感じることはありません。

 

実際私も個人輸入で購入していますが、病院よりの半額の価格で購入できますし、成分検査をしている個人輸入代理店を通して購入していますので安心してトラブルもなくお世話になっています。

話題のジェネリック薬

ジェネリックのテレビCMも流れたこともあり、ジェネリック薬がかなり浸透してきたようで、最近風邪をひいた時に病院が処方してくれた薬はジェネリック薬でした。

 

しかし、ED治療薬に関しては、バイアグラジェネリックを処方してくれる所を探すことは困難でしょう。
なざなら、多くの病院はジェネリックを扱ってないからです。

 

それもそのはず、ED治療が自由診療ですから、そこで処方される薬も、悪く言えば医者の言い値です。
わざわざ、割高なED治療薬からジェネリックに変えて価格を安く利益を薄くする必要はないですからね。

 

医者の都合だけでなくED治療薬のジェネリック薬が、他のジェネリック薬と少し違うところがあります。
例えば、バイアグラジェネリックは、特許がないうちかジェネリック薬がインドの製薬メーカーから販売され始めました。
違反?だと思われた方もいらっしゃるようですが、実は違反ではないのです。

 

何故なら、インドには先発薬という概念がないため国を上げてジェネリック薬の開発が行われているからです。
そのため、薬価が破格に安くなります。

 

しかし、ジェネリック薬としての基準がインドの考えの元作られているため、病院としては処方しづらいというところがあるのかもしれません。
このような背景もあり、バイアグラジェネリックを日本の病院で処方してもらうことが難しいという理由なのです。

 

よって、ED治療薬においてはバイアグラ通販でジェネリック薬を購入する人が圧倒的に多いという傾向があるのです。

 

不妊治療と勃起障害

 

男性不妊の原因の1つに勃起障害(ED)が原因の場合があります。
子作りを始めてからEDになってしまう原因は「子供を作らなきゃ…」という妻からのプレッシャー、自ら感じる心因的なプレッシャーがあります。

 

特に不妊治療の1つであるタイミング法を行っている時は、何日の何時が一番確率が高いという前提のもと性行為を行うため、その時に限って勃起障害が起ってしまうことがあります。

 

これは、男性側に強いプレッシャーを感じたり、女性側の、性交渉がが子作りに限定されることで性的欲求が減退することでおきることが多いです。
このような不妊治療に伴うEDは意外と多いもので、これにはパートナーの配慮が欠かせません。

 

ED治療ができるクリニック増加中

ed治療ができるクリニックは、ED治療薬が浸透したことや、男性なら誰でもEDの病気にかかることがあるというようなネットの情報での発信などもあり、首都圏内の都市部を中心として少しづつED治療の病院が増えてきています。

 

今まで、一人で勃起不全に悩でいた男性も、一度通院してみてカウンセリングを受けるだけでも安心できますので、多少なりとも症状に悩みを抱えている場合、特に軽いEDの症状の場合は勇気を出してEDの診断を受けてみることをおすすめします。
何故なら、勃起不全の原因は様々あるからです。
ED治療薬が効果的な場合もあれば、症状によっては手術を行った方が良いこともあるからです。

 

ED治療で一番気になる所は、陰部の視診や触診があるのか?ではないでしょうか?
何科気になる症状があっても、恥ずかしさから病院に行けずにいる、という男性がほとんどです。
多くの病院では、まずは問診を中心としてカウンセリングを中心に診察が行われます。
病院側でもデリケートな問題だということは重々承知していますので、患者さんが自分の症状を安心して話せるような雰囲気づくりを心がけている病院が多いです。

 

問診ではまず職業に関する状況を聞き、ストレスの多い仕事ではないか、経営状態やリストラの対象になっていないかなども聞きます。
結婚の有無、離婚の経験やその理由患者さんの生活状況を聞き取り、性欲、勃起、性交、射精、オルガスムに問題がないかを確認していきます。

 

どちらにしても、、安心して通院ができるところが近隣に見つかれば通院もしやすくなるでしょうが、全国どこにでもあるという訳ではないのでインターネット上で検索を行い、ed治療に実績のあるクリニックに関して沢山の情報がピックアップしてみることをおすすめします。

 

ただ、どうしても、通院に抵抗がある方にはやはりインターネットで誰にも知られず購入する方法もあります。

 

放射線治療とEDとED治療薬について

前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの摘出手術に、勃起を起こさせる神経が傷つきEDになることがあります。

 

前立腺がん、膀胱がん、直腸がんは摘出手術に至らずとも放射線治療が行われます。
この場合も前立腺近辺に放射腺をあてることになり、勃起に関わる神経が多く走っているためEDの症状が出ることがあります。
これば、放射線を、精嚢や精液の一部をつくる前立腺に照射するため、精液が減少し、勃起をしたとしても射精に至らないのです。

 

勃起は、海綿体に血が溜まることで陰茎が硬くなるのですが、放射線の影響により男性ホルモンが減少してEDの症状が出ることがあります。
又、勃起は通常のようにしても、放射線の影響で精液の量が極端に減り射精に至らない遅漏の症状が出てくることになります。
この症状は、放射線の照射量が多ければ多いほど、勃起障害の起こる可能性は上昇するとされています。

 

勃起能力に関しては、手術と比較すれば、神経にトラブルをもたらさない放射線治療の方がリスクが低いと考えられますが1〜3割の人の勃起能力低下すると言えます。
また、放射線治療を継続することで、年齢的な要因やホルモン療法の影響などもあって徐々に低下していくものですので、数年後にはさらに勃起能力が残る割合は減っていくでしょう。

おすすめの個人輸入ベストケンコー

バイアグラ100mg個人輸入代行
●正規品100%保障!薬剤師による鑑定済みお薬のみ販売

●100%配達保障!手元に商品が届くまで手厚いサポートあり
●段ボールでの完全梱包・送り状に商品名記載なし

 


バイアグラ100mg=最安1錠 1,210円〜【送料無料】

 

>>バイアグラ100mgの詳細はこちら<<

 

おすすめの個人輸入オオサカ堂

 

 

●お薬の個人輸入代理店として17年間の信頼あり

●メーカー正規品保障!成分鑑定画像あり
●段ボールでの完全梱包・送り状に商品名記載なし

 

バイアグラ100mg=最安1錠 1,222円〜【送料無料】

>>ED治療薬バイアグラ100mgはこちら<<

 

 

EDがもたらす不幸

 

日本の離婚率は上がっている要因の一つにEDがあります。
夫婦関係の良好なコミュニケーションを取る手段として性交渉はかかせません。
なのに、夫がEDとなると妻側に不満が溜まります。
ただ、EDは不満のきっかけであり、そこから、ボタンの掛け違いが起こり、離婚に至るケースが多いのです。

 

EDは離婚裁判をした場合にも『婚姻を継続し難い重大な理由』と認められているからには、男性側もEDを放置しておくことは見過ごせないのではないでしょうか?ただ、男性のプライドは女性が思っているよりも非常に高いので、女性側としては理解しにくい問題でしょうが女性側が理解してあげ寄り添う姿勢も必要でしょう。

 

そうは言っても子供を望んでいる女性からみるとEDは人生を左右するほど重大な問題です。
男性側はそんな女性側の気持ちを汲んでおかないと、子供を作る行為に至らないことに耐え兼ねて女性から離婚を切り出されることも多々あります。

 

又、男性特有のプライドから日本国内で1000万人を超える男性がEDに悩んでいるのに【まさか!自分が・・】とごく少数の中のED患者と勘違いしている方もいます。

 

他人に相談することもできず、【気のせいだ】【たまたま。。】【睡眠不足で・・】【疲労のせいだ】【アルコールのせいだ】と自分自身をごまかしパートナーに対して言い訳をしてやり過ごしている男性が多いのです。

 

ここで注意してほしいのは、EDは本人だけの問題じゃないということです。
パートナーにとっても大切な問題です。

 

確かに、EDは男としてのプライドに関わることですし、恥ずかしいと思って当然ですが、大切なパートナーのためにも一緒に解決する道を探しましょう。

 

高齢になればEDに必ずなるという誤解

 

男性は年齢を重ねると、少なからず性欲の低下や勃起力の低下がおこります。
これは、加齢による男性ホルモンの低下がもたらすためです。

 

しかし、年齢一律で男性ホルモンが低下する訳ではありません。
筋肉を激しく使う運動をしている人は筋肉を使うことが男性ホルモンの分泌を促すため、50代なのに40代なみの方もざらにいます。

 

ただ、加齢だからEDをもたらすというのは誤解です。
若くてもEDになる人は多くいます。
例えば、30代でも肥満や高血圧や糖尿病を患っている人はEDを引き起こしている人もいます。

 

逆に80代でも生涯現役を貫いて、パートナーと性生活を楽しんでいる人も少なくないのです。

 

男性の場合は健康維持が勃起力維持をもたらしていると言っても過言ではありません。

 

姉妹サイト

 

こちらのサイトもよろしくお願いします。

 

脱毛ラボ新宿|全身脱毛の口コミ評価の高い店舗